2013年12月08日

トーチャーズの話



やっと引換券のカードがブロッコリーさんより届きましたので、揃ったラヴを使うデッキを考えてみようと思います。
ただ問題は、ラヴ入りの参考になるデッキレシピがネット上にほとんど無いこと……
トーチャーズにわか勢の私としましては、これは非常に厄介です。

ということで、一回現在居るトーチャーズのまとめ的なのを、自分のまとめを兼ねてやろうかと。
あんまり参考にはならないと思います。

booster_7.jpg



まずトーチャーズの強みは、やはりハンデス。
そして相手の手札が条件でバニラより強くなる型破り札達と、優秀な回収札による回収しやすさ。
この三つを中心にカードを見ていく必要があります。
単にハンデスだけ狙っていっても、パワー負けしそうなので、型破り札はかなり重要度が高そうです。

ハンデス三種の神器



ペロペロするミミック
ゼクス
4/黒/トーチャーズ/6000
[自]このカードが登場した時、相手の手札にカードが2枚以上あるならば、黒2を支払ってよい。黒2を支払ったならば、
相手は自分の手札にあるカードを1枚選び、トラッシュに置く。

まずはこいつ。
ややコストが重いですが、相手の手札枚数条件が緩く、4コス6000と素でも最低限の火力があるのが魅力的。
使いやすそうな気がしますが、実際撃てるほどコストに余裕のある場面があるのかは疑問。



情熱的なコルドロン
ゼクス
5/黒/トーチャーズ/6000
[自]このカードがバトルで相手のゼクスを破壊した時、相手の手札にカードが2枚以上あるならば、
相手は自分の手札にあるカードを1枚選び、トラッシュに置く。

こいつは普通に強いと思います。
単純なスペックだと、−2000査定と厳しめですが、5コスでハンデスしながら殴れるのは非常に魅力的。
こいつ中心でハンドを奪ってくのが無難?
基本的に中型以上のゼクスは破壊できないんで、腐る場面も多々ありそうだけど、トーチャーズの5コスは優秀なの多いからなんとかなるかなー。




ザクザクするチャーム
ゼクス
7/黒/トーチャーズ/7500
[自]このカードが登場した時、相手は自分の手札にあるカードを1枚選び、トラッシュに置く。
その後、相手のリソースにカードが10枚以上ある場合、さらに相手は自分の手札にあるカードを1枚選び、トラッシュに置く。

ハンド条件も無く、終盤なら二枚ハンデスも可能、さらに打点も最低限あるという素敵カード。
普通のデッキでも十分採用圏内な優秀カードですね。
トーチャーズだとこいつとコルドロンがメインハンデス手段になってると予想。


ラヴも一応ハンデス札ですが、あんまりハンデスに期待しないほうがよさそうです。
兎に角、この三体でハンド相手のハンドを削り、打点を低さを次に紹介する型破り札で何とかするのが基本かと。


型破り札



かき鳴らすグランドピアノ
ゼクス
5/黒/トーチャーズ/6000
[常]相手の手札にカードが2枚以下しかない場合、スクエアにあるすべてのあなたの[トーチャーズ]のパワーを+2000する。

なんかすごいこと書いてる。
打点の低いトーチャーズにとっての神カード(多分)で、条件さえ満たせればかなり強いカードだと思います。
また5コスなのが残念ですが、相手の手札が減ってきたら普通にえぐいカードです。
パンプ時以外も、3コスにはやられないのは救い。
とりあえず思考停止で4投入でいいんじゃないかなー。
はじめの2ドローで相手の手札枚数が3枚以上になる可能性は高いし、先攻だと腐りそうな気もします。
こればっかりは実際に使ってみないとわからない感。
強そうなんだけどなー。


ギコギコするクールビューティー
チョキチョキするプリティー
チクチクするキュート


[常]相手の手札が2枚以下しかない場合、このカードのパワーを+1000する。
の共通効果を持つバニラ−500パワーゼクスたち。
クールビューティは4コス7000になれますが、あんまり強くない気がします。
この数字ってガムビくらいにしか刺さらない気がする。
バニラでおkだと思います。
プリティーの8500は悪くない数字。
最近はリアン増えてますし、ピアノとセットで10500ラインに到達できるのがいい感じ。
型破り札で採用するならピアノとこれだと思うけど、また5コス……
枠が兎に角厳しいカード。
キュートは効果つきLRなんですが、相手の2ドロー→IGで出たユニットで殴り殺されるイメージしか……
試してみないことにはなんとも言えないけど、やっぱり微妙だと思います。


次に優秀なのが、二種のトーチャーズ回収カード。



営業骸骨スケルタルセールス
ゼクス
5/黒/ノスフェラトゥ/6000
[自]このカードが登場した時、あなたのトラッシュにある[トーチャーズ]を1枚選び、手札に戻す。

他の回収札と比べると、コスト条件も無しにこのスペックは優秀。
やはり問題はまたまた5コスって事ですね。
どれだけ5コスに本気出せば気が済むんだ……



デススミス商会展示会
イベント
1/黒
[☆]あなたのトラッシュにある[トーチャーズ]を1枚選び、手札に戻す。

回収札使うならこっちか。
1コスなので、回収して即そのカードを使うのが結構余裕。
ただ、セールスに比べるとアドバンテージ的にはしょっぱいか。





中心というか、意識しておきたいのはこの辺りか。
重要そうなのは5コスの配分と、相手の大型処理手段。
後結構重いカードが多いので、リソースを確保する方法ですね。
とりあえずはセールス→5コスの動きや、チャーム→バニラの動きかできる10コスが目標。
一回ハンド0まで追い詰めることができたら結構強そうだけど、相手に後攻取られたり、ドロソ発動されるだけでものすごい厳しくなりそうです。
無理にハンデス狙わずバニラ積みまくって回収札生かしたバニラビートってのも悪くないかも。

リソリンを絡めるなら、ただ強の緑黒はそこまで回収効果がおいしくないから微妙っぽくて、旧白黒も回収が微妙、まぁこっちは相方トーチャーズってメリットあるけど。
旧緑黒は空気で、新白黒はホーレイカーが発動不可。
となると残りの候補は……ペンギンイェーガーかアマディウスダンサーか……
アマディウスダンサーはチャーム釣ってハンデスとかできるのが結構いいかもですね、まぁわざわざトーチャーズでやらなくてもあいつら揃ったら勝てそうだけども。

後の問題はプレイヤーですね。
ド安定なのが一枚居るのですが高すぎるので、他で相性のよさそうなのを探す必要がありそうなんだけど、黒パートナーズって結構残念な子多いんですよね。
IGガンガンやっていきたいから、チャージ利用系はきついし、他の色と混色にしてそれと相性いいのを使うのがいいのかな。



とまぁ、見事にわかりきったことと、ぜんぜん決まってないことばっかですが、個人的まとめは完了。
次は一回適当に組んで回すフェイズですね、紙束がんばろうっと。


posted by 青黒いデルモ at 21:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。