2013年10月27日

新リンドウな話

前回の記事で書いた新旧リンドウさんたちと、そのライバルになるアッシュ月下香の比較的な話。

131018_121220.jpg

翠嵐の侍 龍膽
ゼクス
6/緑/ホウライ/8500
[常]あなたのプレイヤーが「青葉千歳」の場合、あなたのリソースにカード名に「龍膽」を含むカードがあるならば、
このカードのパワーを+2000する。


今回追加されるリンドウさんのスペックがこちらです。
緩い条件で10500のオロチラインになれる6コスで、P指定あるとは言え、普通に強力なカードです。
ただ、緑にはこいつのライバルとして、日本一で出たアッシュが居るので、それらとの比較をしてみようって話。








まず、このリンドウの利点、欠点を並べてみます。

利点
種族【ホウライ】
条件を満たせば、ジッサ→こいつで速攻で10500出せる、速さ。
同コスのアッシュより、素の状態のパワーで勝る。
欠点
9コス以降だとアッシュに火力で劣る。
リンドウをある程度入れないと、パンプ条件を満たせるか微妙。
P枠を使ってしまう。
アクターレに弱い。


こんなところでしょうか。
まず利点ですが、【ホウライ】と言うのはなかなかのメリットです。
皐月は最近見ないものの、木蓮でリソースに放り込めるのはなかなか便利です。
素の打点が最低限あるため、木蓮で放り込む用に場に出すのもできるレベルですしね。
次に速さ、これはかなり重要な要素です。
緑はリソースを増やせる性質上、終盤はかなり強い色です。
そのため、序盤から高打点を出せるこいつは、そこまでの繋ぎとしてかなり優秀です。
終盤でも10500は充分な火力ですし、最終盤なら旧リンドウさんも居ます。
アッシュとの差である、6〜8コス帯で有利に動けるというのを意識して使っていきたいですね。
効果発動に失敗してても、このコス帯ならアッシュよりスペックは上です。

次に欠点ですが、9コス以降でアッシュに火力で負けてるのは、そこまで言うほど気にならないと思います。
10500と11000の差って結構大きいですが、致命的なほどではない印象。
問題はその次のある程度リンドウさんを入れないといけない点ですね。
既に居るリンドウさんは、6コス12000を狙える一弾リンドウさんと最悪バニラで使っていけ、ヘイトをなかなか稼げるスターター二刀リンドウさん
どちらも最低限のスペックがあるので、使えないことも無い感じですが、枠が厳しいゼクスに入れるのはなかなか苦労します。
新リンドウ4、一弾リンドウ2、二刀リンドウ2〜3くらいが、効果発動意識するなら良さそうですね。
アクターレに弱いのはなかなかなデメリット、最近ショコターレもそうですが、ちょくちょく見かけるんですよね……あいつ。




リンドウさんにかんしてはこんなところでしょうか。
少ないスペースに差すとか、他の色と組み合わせるならアッシュでおk感がありますが、緑中心でプレイヤー枠が空いてるなら一考してもいいと思います。
個人的にちーちゃんリンドウコンビは好きなので、是非使ってあげたいですね。

posted by 青黒いデルモ at 22:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。